このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください

最近の蒸留ワークショップ
福島市 信夫山の柚子(ゆず)

柚子の皮むき
信夫山の柚子(ゆず)の皮を丁寧にむきます
計 量
今回は、柚子5個を使用。125gで200mlを蒸留します
蒸留器へ
皮を手で刻んで、平らになるように蒸留器へ 
沸騰・蒸留中
香りの成分を含んだ蒸気が冷やされます
ラベル記入
スプレーボトル、保管ボトルのラベルをを手書き
完成!
信夫山産の柚子の芳香蒸留水が完成!優しい香りです
柚子の実
柚子の実も大事に利用します。
柚子寒天
柚子の果汁で妻が寒天を作りました。
蒸留後の柚子皮
蒸留後の柚子皮を天日で乾燥します。
柚子ポプリ
柚子皮のポプリで香りをさらに楽しみます。
小見出し
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。

芳香蒸留水を一緒につくりませんか

自分でつくる芳香蒸留水
ワークショップ
 
お客様が摘んできたお花・葉で、
芳香蒸留水をつくりませんか?
とても簡単で、あっという間に時間が過ぎます。
ほのかな香りが漂う中で、コーヒーや煎茶を飲むと、落ち着いた気持ちになります。
 
時間:約2時間
参加費:6,000円+材料費等500円+容器代(0~500円程度)
場所:福島市渡利(自宅兼作業場)

ワークショップの流れ

花や葉を切りそろえます
植物によって、蒸留に適した「花」や「葉」等があります。香りがより出るよう切りそろえます。
ガラス製容器で蒸留
蒸発した水が花・葉の香りを含み、氷で冷やされた上部の面で冷やされ蒸留水ができます。
スプレー容器等で使用
約200mlの芳香蒸留水をスプレー容器等に保管します。お持ち帰りいただきご自宅(部屋や寝室等)や車で楽しんでください。
小見出し
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。

事前相談

1
蒸留したい「花」「葉」等の確認
最初に、蒸留したい花や葉をお聞きします。原則、書籍・HP等で、蒸留可能か確認します。
2
完全予約制のワークショップ日時決定
完全予約制のワークショップ(1名、もしくは、1組2名まで)の日時を決定します。
3
保管する容器等の聞き取り
完成した芳香蒸留水を入れる容器等の予定をお聞きします。ワークショップ体験料と容器等も含めた実費等をお伝えします。
Step
1
見出し
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト...。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト...。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト...。

営業時間

営業日
月曜日~日曜日(不定休)
お客様と私たち夫婦の時間があった時となります。
営業時間
9:00~20:00 完全予約制
見出し ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。

蒸留の様子

料金

ワークショップ料金と実費等

内 容 料 金
ワークショップ料(1回)
6,000円(税込)
2回目以降は、5,000円(税込)
材料費等(精油・水・氷・電気代等)
500円(税込)
透明スプレー容器 2本
サービス(プレゼント:在庫限り)
容器等
0円~500円程度(税込)
コーヒー・煎茶
蒸留中、コーヒー・煎茶をごちそうしますね。
内容
表示したいテキスト
内容
表示したいテキスト

蒸留代行(「お花」や「葉」をお預かりして芳香蒸留水を作成)

内 容 料 金
蒸留代行料
200ml:6,000円(税込)~ (量によります)
実費・容器等
1,000円程度(税込)~
内容
表示したいテキスト
内容
表示したいテキスト

出張蒸留

福島市内
1回約2時間。20,000円(税込み)+材料費別途、交通費2,000円程度
私たち夫婦で伺います。蒸留器等一式持参します。料金はご相談ください。
 
福島市外
上記金額が基本となりますが、交通費等を別途計算します。
内容
表示したいテキスト
内容
表示したいテキスト

場所

ふくしま芳香蒸留所

〒960-8141
福島市渡利字沖町62-3
電話 080-5733-7703(横山秀人)

当蒸留所は、完全予約制です。
予約なしでの訪問には対処できません。
【理由】作業場は自宅も兼ねており、事前の準備が必要だからです。

お知らせ

2023.12 信夫山の柚子(ゆず) 芳香蒸留水制作
2023.4
ふくしま芳香蒸留所開設(福島市渡利)
2022.1~12
ガラス製芳香蒸留器を利用してラベンダーなど複数種類試し蒸留(10回)
2021.5.9
アロマテラピー検定1級 夫婦で合格
2021.4
飯舘村の自宅そばに、ラベンダー2品種(計12株)を植える
見出し ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。
▼お電話でのお問い合わせはこちら
[受付時間]9:00〜20:00

芳香蒸留所 開設の思い

ふくしま芳香蒸留所 代表 横山 秀人

八和木農園代表、アロマテラピー検定1級

【当蒸留所を始めた理由】

 アロマテラピーに関心があり、妻と一緒にアロマテラピー教室に通いました。芳香蒸留水が手軽に楽しめることを知り、ガラス製の蒸留器を2つ(完成200mlと400ml)購入しました。

 庭に植えていたラベンダー、ゼラニウム、ローズマリー、ユーカリの芳香蒸留水を、玄関、リビング、寝室、仕事部屋にてスプレーし、ほのかな香りを楽しんでいました。

いろいろなお花等を蒸留をして感じたことが、「蒸留の楽しさ!」
お花や葉を摘むところから始まり、蒸留中はとても良い香りが部屋中に広がります。

この楽しさを皆さんにご紹介したい!!!と思い、「ふくしま芳香蒸留所」を開設しました。

ご一緒に、蒸留を楽しみませんか。

蒸留実績

1)ラベンダー花と茎(ドライ) 1回
   茎も入れてしまったため香りが草っぽかった

2)ラベンダー花(ドライ) 2回
   
ドライでも、ほのかに香りがする

3)ラベンダー花(採りたて) 2回
   
香りがとても良かった。また作りたい

4)ゼラニウム(ドライ) 1回
   
結構、良い香り

5)ローズマリー(採りたて) 1回
   
香りが強い。量を調整したほうが良い

6)赤シソ(ドライ)
   
香りが強すぎる。扱いが難しい

7)ミント(採りたて)→蒸留代行
   
気持ちスッキリする。仕事部屋に良い!

8)ユーカリ(採りたて)
   
清涼感を感じる

9)柚子(ゆず) 福島市 信夫山(採ってから1週間程度)
   ゆずのやさしい香りがします。そのままスプレー等で香りを楽します。

お問い合わせ


お問い合わせは、お電話(TEL 080-5733-7703)にてお問い合わせいただくか、下記のお問い合わせフォームにご記入いただきご連絡ください。お電話、メールによりご対応させていただきます。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信